佐賀藩10代藩主の鍋島直正が、最重要任務として重視した「長崎警備」。幕府による鎖国政策の下、オランダ商館を平戸から長崎・出島に移し、外国船の往来を制限している。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加