佐賀県多久市は13日、危険な状態で放置され、通行人や近隣住民に危害が及ぶ可能性が切迫しているとして、所有者不在の空き家1棟の解体作業を始めた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加