立ち上がってハグをする入居者も=佐賀市諸富町

入居者一人一人とあいさつする、覆面プロレスラー・めんたい☆キッドさん=佐賀市諸富町

 覆面プロレスラー・めんたい☆キッドさん(40)が11日、佐賀市諸富町の介護老人保健施設「徐福の里」を訪れ、入居者に元気と笑いをプレゼントした。入居者35人が、プロレス技や施設の職員と相撲をとる様子を見て盛り上がった。

 めんたい☆キッドさんは福岡県に拠点を置くNPO法人「九州プロレス」所属のプロレスラー。高齢者施設や保育園などに元気を届ける慰問活動で訪れた。施設職員にチョップしたり、相撲をとったりする様子に、お年寄りたちは楽しそうに手をたたいて「がんばれ」と応援。椅子から立ち上がってハグ(抱擁)したり、鍛え上げた筋肉に触れる人もいた。

 めんたい☆キッドさんは15年前にメキシコで修行し、プロレスラーになった体験を話した。最後は、入居者一人一人と握手を交わし「また来るけんね」と優しく声を掛けた。入居者の男性(98)は「(抱きしめられて)体ががっちりしていた」と目を丸くしていた。

 九州プロレスは17日、佐賀市の県立図書館南広場で開催される幕末維新博の関連イベント「ビアフェス2018」でちびっこプロレス教室と試合を行う。

このエントリーをはてなブックマークに追加