災害時の外国人対応についての意見交換会が10日、佐賀市で開かれた。県内に住む韓国や米国、ベトナム出身の外国人6人と県防災士会会員らが、外国人の視点から避難所の運営について考え、見直した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加