唐津署は11日、9日夜に唐津市鎮西町名護屋の米納戸漁港の岸壁から乗用車が転落し亡くなった女性2人のうち、身元不明だった女性は熊本県荒尾市川登、衣料品店経営川端浩子さん(37)だったと発表した。同じ車内で見つかった母の智子さん(64)は既に死亡が確認されている。

 唐津署によると、救急隊が救助した際、浩子さんは運転席、母智子さんが助手席でそれぞれシートベルトをつけた状態で見つかり、浩子さんの弟(35)は後部座席に座っていて自力で脱出し軽傷を負った。

 司法解剖の結果、2人の死因は溺死の疑い。海に落ちた際に飲んだ水や、血液などを検査し、引き続き死因を詳しく調べるとともに、事件と事故の両面で捜査を進める。

このエントリーをはてなブックマークに追加