秋の実りを願い、勇壮な踊りを奉納する音成面浮立=鹿島市音成の天子神社

勇壮な太鼓の音を響かせて奉納した川原浮立=太良町の太良嶽神社

 鹿島市七浦地区や太良町で9日、伝承芸能「面浮立」が各地域の神社の秋祭りで奉納された。早朝から笛や鉦(かね)、大太鼓などの音を響かせて勇壮に舞い、豊作を祈願した。

 音成の天子神社では、市内で最も古いとされる形が残る「音成面浮立」(県重要無形民俗文化財)が奉納された。黄金色に実った稲穂が広がる田んぼ沿いの道を、鬼(掛け打ち)が腕を力強く回して舞った。

 太良町の太良嶽神社では境内で「川原浮立」が奉納された。

このエントリーをはてなブックマークに追加