佐賀県警小城署は10日、傷害の疑いで、多久市東多久町別府、自称会社員の男(35)を逮捕した。

 逮捕容疑は9日午前2時ごろ、自宅で、交際中の30代女性の両足を長さ1メートル以上のバーベルに取り付けられた鉄製の重りの部分で殴ったり、首を絞めたりするなどして1週間程度のけがを負わせた疑い。女性が同署に届け出て発覚した。

このエントリーをはてなブックマークに追加