待機児童解消が夏の参院選の焦点になる中、政府は「1億総活躍プラン」で保育士の賃上げなど処遇改善を打ち出したが、現場では保育の「質」低下への懸念が高まっている。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加