日本酒の蔵元が新酒の出来栄えを競う全国新酒鑑評会で、佐賀県内から馬場酒造場(鹿島市)の「能古見」、瀬頭酒造(嬉野市塩田町)の「東長(あずまちょう)」が金賞に輝いた。「東長」の受賞は3年連続。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加