日本に茶の栽培法を初めて伝えたとされる栄西禅師をしのぶ「脊振千坊聖茶まつり」が22日、吉野ケ里町の霊仙寺跡一帯であった。地元の茶業関係者らが献茶と法要を行い、禅師の偉業をたたえた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加