北九州市は25日、暴力団を離脱した元組員を雇用する業者が市発注の建設工事への入札参加を希望する場合、資格審査を優遇すると発表した。元組員の社会復帰を促すのが狙い。市によると、こうした取り組みは全国初。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加