約2千万年前のサギの仲間とみられる鳥類の足跡の化石が、肥前町星賀(現唐津市)の海岸で見つかった。鳥類の足跡の化石が国内で見つかった例は当時数件しかなく、注目を集めた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加