自治会協議会会長や弁護士らでつくる佐賀市行政改革推進会議(稲田繁生会長、10人)は26日、サービスの質向上や健全な財政を求めた意見書を秀島敏行市長へ提出した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加