■社会的弱者に共感 1904年4月、スペインからフランス・パリに出て、モンマルトルの粗末なアパート「洗濯船(バトー・ラヴォワール)」に移り住んだピカソは油彩だけでなく、銅版画も手掛けた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加