ASTERISM

「IGNITION」初回限定盤のジャケット

 佐賀・福岡を拠点に活動する3人組のヘビーメタル・インストゥルメンタルバンド「ASTERISM(アステリズム)」が8月22日、フルアルバムでは初となる「IGNITION」をリリースした。

 ジェームス・ブラウンのバックバンドメンバーだった米国のベーシスト・ブーツィー・コリンズや、超絶技巧で知られる奇才ギタリスト・バケットヘッドといった超一流アーティストも参加。ほとんどがオリジナル曲で、中には10分を超える大作も収録する。平均年齢16.3歳にして世界を相手取る3人の卓越した実力がうかがい知れる1枚だ。

 同作のプロモーションで8月27日に佐賀新聞社を訪れたメンバーに、作品への自信や注目曲について聞いた。

 ■魂に火を付ける

 ―どんなアルバムに仕上がったか。

 MIO ASTERISMのコンセプトは、これから戦いに行く人を奮い立たせるような音楽性。そのコンセプトに基づいた作品になった。

 MIYU 同じベーシストとしてとても尊敬しているスーパーベーシストのブーツィー・コリンズさんと元ガンズ・アンド・ローゼズのバケットヘッドさんも参加している。とても豪華なアルバム。

 HAL-CA 特にリード曲の「BLAZE」(=炎)は、「点火」「燃焼」を意味するアルバム名とも結びつく。聴いてくれた人の魂に火を付ける1曲。ブーツィーさんのプロデュースで、バケットヘッドさんが私とギターバトルをしてくれた部分も聴き所。他の曲もほとんどが書き下ろし。

 MIO オリジナル曲もたっぷり楽しめる内容。1曲1曲に込められたメッセージや魂、アルバム全体のストーリーを感じて聴いてほしい。

 ―その他の注目曲は。

 MIYU 最後の曲「Disperse」も、「分散させる」という意味がASTERISM(星群)とつながる。星群から放出されたもの一つ一つが、このアルバムを聴いてくれた人に届くようにという思い。

 ■自信あり

 -アルバム制作は普段の収録とは違うか。

 HAL-CA ライブなどで曲を弾き慣れていない状態でレコーディングするので、緊張は普段の2倍、3倍。形のない曲を作る作業ってすごいことだと改めて思った。

 MIYU ベース、ドラムから録るが、ギターを重ねると良い感じになっていて、「かっけえなあ」とわくわくしたり、感動したりした。(アルバムに)自信はある。

 HAL-CA 私は曲ごとに理論や演奏技術で新しいテクニックを入れるように決めているが、そんな挑戦もあってやっぱり楽しい。それがないと聴く側が飽きてしまう。

 -どうやって曲を作るか。

 HAL-CA 「BLAZE」はオリンピックをテレビで観た感動からできた曲。戦いの中に勇気や希望、相手選手への尊重などが感じられて涙が出た。私は悩んでいる時は、ありふれた物からでも感動を得て曲にすることがある。今回収録した「God Speed You!」も自然と手が動いてコード進行ができ、メロディーが生まれた。

 MIO 「Overdrive」は(MIYUと)2人で最初に作った曲。お互い車が好きなのでレースをイメージした。ソロバトルも入れ、3人で競い合っているイメージを表現した。

 MIYU 自分の今の気持ちから作ることが多い。頑張って曲を作ろう、とは思わない。途中で作りたくなくなるような曲を無理矢理作っても、人の心にも届かない。

 HAL-CA 誰かが骨組みやリフ(イントロ)だけを作ってきて、3人で合わせながら肉付けしていくこともある。

 ■競い合い成長

 -お互いは競い合う相手という感覚か。

 HAL-CA メンバーは最大の仲間であり最大のライバルだと思っている。結成当初はまったく会話をしなかった。ステージでもいつもバトルという感じで、競い合いながら成長してきた。

 MIYU 馴れ合いを嫌って会話をしなかったというより、普通にシャイだった(笑)。

 MIO 曲を作り始めてからは、しゃべらないことには何も始まらない(笑)。そういう中で協力し合う空気感も出てきた。

 -特に印象深いライブは。

 MIO 福岡のハードロックカフェで毎月単独ライブをしているが、やっぱり地元ということもあってお客さんも温かく、めちゃくちゃ盛り上がる。

 HAL-CA 毎月来てくれる人もいれば、その人が新しい人を連れてきてくれたりすることもある。ファンの年齢層はだいたい30代から50代くらい。ジャンルがハードロック・ヘビーメタル・インストだから。

 -同年代のファンは少ない。

 HAL-CA 電車賃を出して、ステージ観るためにお金を出して、となると、お小遣いも相当削られる。私たちの音楽を敬遠しているわけではなく、「かっこいい」「また来たい」と言ってくれる。

 -学校で3人はどんな感じなのか。

 MIYU 真面目。勉強頑張らないと、という感じ(笑)。

 HAL-CA (演奏中)頭を振っているのを観た人からは冗談交じりに「怖い」と言われる(笑)。

 ■世界中に届けたい

 -改めてこのアルバムをどんな人に届けたいか。

 HAL-CA 世界中の人に聴いてもらいたい。

 MIO 今回クラウドファンディングを立ち上げ、海外の方にもCDを買っていただいた。

 HAL-CA フェイスブックのフォロワーは7万7千人以上いるが、日本は少なく、一番多いのはブラジルだったりする。少しずつでも世界中に私たちの音楽を届けていけたら。

 -佐賀のファンにひと言。

 MIO 僕たちが佐賀に来たときは、このアルバムを聞き込んで絶対遊びに来てください。

 ■ASTERISM ギター・HAL-CA(15)、ベース・MIYU(16)、ドラム・MIO(18)からなる3ピースバンド。ボーカルのないヘビーメタル・インストゥルメンタルを特徴とする。2017年にミニアルバム「The Session Vol.1」でメジャーデビュー。ブーツィー・コリンズがフェイスブックでシェアした演奏動画をきっかけに世界から注目を集める。MIOとMIYUは小城市在住の兄弟。

 ■「IGNITION」 特典DVD(ミュージックビデオ3曲とライブ3曲、レコーディング風景)付きの初回限定盤は3333円(税別)。CDのみの通常盤は2870円(同)。

このエントリーをはてなブックマークに追加