今年の夏は記録的な猛暑が続いた。猛暑には経済効果もあるが、「命に関わる暑さ」は問題だ。炎天下で働く人たちも多く、対症療法の「熱中症対策」だけでは済まなくなっている。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加