幕末の佐賀藩主鍋島直正を描いた時代小説「かちがらす」を手掛けた小説家植松三十里さんが25日、佐賀市の佐賀城本丸歴史館で講演した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加