佐賀空港への自衛隊輸送機オスプレイ配備計画を巡り、県と防衛省は24日、国が20年間に計100億円の着陸料を支払い、これを元に漁業振興基金などを創設することに合意した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加