山口祥義知事がオスプレイ配備計画を受け入れたことで、焦点は、佐賀県が県有明海漁協との間で結んでいる、自衛隊との共用を禁じる「公害防止協定」の扱いへと移る。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加