22日に告示された国民民主党の代表選には、津村啓介元内閣府政務官と玉木雄一郎共同代表が立候補、党代表代行の原口一博衆院議員(佐賀1区)は玉木氏を支持し、選対本部長になった。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加