全国高校野球選手権大会で準優勝し、大勢の秋田県民が出迎える中、秋田空港に到着した金足農の選手ら。左列の前から2人目が吉田輝星投手=22日午後

 第100回全国高校野球選手権大会で準優勝した金足農の選手が22日午後、秋田に到着し、空港や学校では秋田県民や生徒らが大歓声で迎えた。吉田輝星投手は学校での報告会で「準優勝できたのは自分たちの力以上のものを出させてくれた声援のおかげ」と感謝の言葉を述べた。

 選手らは午後3時20分ごろ、日航の臨時便で秋田空港に到着。ロビーには準優勝を祝う横断幕が掲げられ、選手らを一目見ようと駆け付けた約1400人が、大きな拍手で出迎えた。

 佐々木大夢主将は、準優勝の盾を両手で抱えながら晴れ晴れとした表情。吉田投手らが日航の社員から花束を受け取り、笑顔でバスに乗り込んだ。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加