貴乃花親方

 大相撲夏巡業のため訪れていた秋田市で倒れ、救急搬送された貴乃花親方(46)=元横綱=が22日、JR秋田駅に姿を見せた。体調を尋ねる共同通信の取材に「退院したばかりだから」と答え、詳細を明らかにしなかった。日本相撲協会は検査のため入院するとしていた。

 相撲協会などによると、21日午前10時10分ごろ、貴乃花親方が「けいれんを発症して意識がない」と119番があった。力士を指導中に倒れたが、搬送先の病院では駆け付けた関係者と会話もしていたという。

 夏巡業には審判として同行していた。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加