第89回大会決勝・広陵-佐賀北 8回裏佐賀北1死満塁、3番副島浩史が起死回生の逆転満塁本塁打を放つ=平成19年8月22日、阪神甲子園球場

 13年前と同じ放物線の軌跡を描いた。2007(平成19)年夏。公立校の躍進は「佐賀北旋風」を日本中で巻き起こし、佐賀県に2度目の優勝旗をもたらした。広島の古豪・広陵を相手に5-4。粘り強く戦い、八回の逆転満塁本塁打は球史に刻まれている。

 七回までわずか1安打。0-4と敗色濃厚な空気が漂う中で迎えた八回だった。1死満塁から四球押し出しで1点を返した。つづく副島浩史選手が甘く入ったスライダーをコンパクトに振り抜くと、打球は左翼スタンドに吸い込まれた。

 守備も鉄壁だった。先発・馬場将史投手との継投でマウンドを守り続けたエースの久保貴大投手は、甲子園の準決勝まで無失点。決勝は二回から救援し、気力のこもった投球を見せた。

 開幕戦に、2回戦・宇治山田商(三重)との延長十五回引き分け再試合。ナイターに、準々決勝は帝京(東東京)に延長サヨナラ―。佐賀商をほうふつとさせる快進撃は、再び多くの人の感動を呼び起こした。

 あれから11年。殊勲の副島さんと久保さんは、高校野球の指導者として戻ってきた。グラウンドで恩返しを-。あの夏の経験を次代へつなぐ。(新元号まであと252日)

【関連記事】佐賀商、佐賀県勢初の甲子園V 球史に残る満塁弾

このエントリーをはてなブックマークに追加