台風19号の予想進路(21日18時現在)

 非常に強い台風19号は暴風域を伴い、22日朝にかけて鹿児島・奄美から九州の西の東シナ海に進む見通しだ。気象庁は21日、台風が近づく地域で暴風や高波に厳重な警戒を呼び掛けた。雨量が多い地域では土砂災害のリスクも高まる。一方、強い台風20号は小笠原近海を北上しており、23日から24日にかけて西日本に近づき、上陸する恐れがある。19号通過後も災害発生に警戒が必要だ。

 22日までに予想される最大風速(最大瞬間風速)は奄美45メートル(60メートル)、九州南部40メートル(55メートル)、九州北部25メートル(35メートル)。波の高さは九州南部、奄美11メートル。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加