障害者雇用の水増し問題で、松山市は21日、障害者手帳や診断書を確認していない市職員21人を2018年度に障害者雇用とし、雇用率に算定していたと発表した。職員の自己申告や過去の面談に基づいて算定していたという。

このエントリーをはてなブックマークに追加