第100回全国高校野球選手権大会の決勝で金足農を破り史上初となる2度目の春夏連覇を果たし喜ぶ大阪桐蔭ナイン=21日、甲子園球場

 金足農―大阪桐蔭 4回裏大阪桐蔭1死一、二塁、宮崎(奥)に3ランを浴びた金足農・吉田=甲子園

 金足農―大阪桐蔭 1回裏大阪桐蔭2死二、三塁、石川が右中間に2点二塁打を放つ。捕手菊地亮=甲子園

 第100回全国高校野球選手権大会最終日は21日、甲子園球場で決勝が行われ、大阪桐蔭(北大阪)が東北勢初の優勝を狙った金足農(秋田)に13―2で大勝して4年ぶり5度目の優勝を果たし、史上初となる2度目の春夏連覇を達成した。

 大阪桐蔭は一回に石川の2点二塁打などで3点を先制。四回は宮崎の3点本塁打、五回には根尾の2点本塁打などで6点を加えた。柿木は5安打で完投した。西谷監督は春夏の甲子園大会で単独最多となる通算7度目の優勝を飾った。

 秋田県勢では103年ぶりの決勝に臨んだ金足農は、準決勝までの5試合に完投していた吉田が5回12失点で降板した。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加