鋼材の原料を架空発注して会社側から代金をだまし取ったとして、兵庫県警が詐欺容疑で、新日鉄住金広畑製鉄所の社員だった40代の男を逮捕していたことが21日、捜査関係者への取材で分かった。同社は総額約5億円の被害を刑事告訴した。

このエントリーをはてなブックマークに追加