女子50メートルバタフライ決勝 優勝した池江璃花子=ジャカルタ(共同)

 女子200メートル平泳ぎで大会2連覇を達成し、観客の歓声に応える渡部香生子=ジャカルタ(共同)

 女子62キロ級準決勝 モンゴル選手(左)と対戦する川井梨紗子=ジャカルタ(共同)

 ジャカルタ・アジア大会第3日(20日)競泳女子の池江璃花子(ルネサンス)が50メートルバタフライと100メートル自由形で優勝した。前日の400メートルリレーと合わせ、金メダルは3個となった。200メートル平泳ぎで渡部香生子(早大)が2連覇した。

 男子は800メートルリレーで日本が2連勝。200メートル個人メドレーは萩野公介(ブリヂストン)が銀メダル、瀬戸大也(ANA)は4位だった。

 レスリング女子は50キロ級の入江ゆき(自衛隊)が決勝で敗れて銀メダル。62キロ級でリオデジャネイロ五輪優勝の川井梨紗子(ジャパンビバレッジ)は銅メダルだった。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加