3月、東京・上野公園を訪れた外国人観光客

 菅義偉官房長官は20日、2018年に日本を訪れた外国人旅行者が推計で8月15日に2千万人を突破したと明らかにした。過去最速だった17年の9月15日よりも1カ月早いペース。17年の訪日客は年間で2869万人だった。視察先の北海道弟子屈町で記者団に述べた。

 観光庁によると、クルーズ船客や個人旅行者が増えている中国の伸びが好調で、全体を押し上げている。既に公表した1~7月の訪日客数は前年同期比13・9%増の1873万900人で、年間3千万人を上回るペースを維持している。国・地域別ではトップ中国と2位韓国で約5割を占めた。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加