山口県周防大島町で保護された後、入院していた病院を退院する藤本理稀ちゃん。小さな手で母美緒さんにしっかりとつかまっていた=20日午後、山口県柳井市

 山口県周防大島町で行方不明となり、3日ぶりに保護された藤本理稀ちゃん(2)が20日、入院先の同県柳井市の病院から退院した。病院前で理稀ちゃんを抱いて取材に応じた母美緒さん(37)は「感謝の気持ちしかない。無事帰ってきて何より。本当にありがとうございました」と話した。

 理稀ちゃんは報道陣らに驚いた様子で、終始無言。小さな手で美緒さんの服をぎゅっとつかみ、不安げだったが、最後は美緒さんに促され、集まった人に手を振った。

 美緒さんによると、入院中に「3日間、1人だったの」と問いかけると、理稀ちゃんはうなずき、「何か食べたの」と聞くと首を横に振った。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加