【ジャカルタ共同】ジャカルタ・アジア大会のバスケットボール男子日本代表が公式ウエアで市内の歓楽街を訪れ、日本オリンピック委員会(JOC)が「日本代表選手にふさわしくない行動」として、処分する方針であることが19日、関係者への取材で分かった。日本選手団の山下泰裕団長が20日に記者会見する。

 関係者によると、選手はJOCの調査に対し、事実関係を認めているという。16日にあった1次リーグ2戦目のカタール戦終了後に「JAPAN」のロゴが入ったウエアを着たまま歓楽街の店を訪れていた。JOCは20日にも各競技団体に注意を喚起する緊急ミーティングを開くとみられる。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加