ジャカルタ・アジア大会の競泳女子100メートル平泳ぎで優勝した鈴木聡美=19日、ジャカルタ(共同)

 ジャカルタ・アジア大会の女子400メートルリレーで日本新記録をマークして優勝し、メダルを手に笑顔の(左から)五十嵐、青木智、酒井、池江=19日、ジャカルタ(共同)

 男子200メートルバタフライ決勝のレース後、健闘をたたえ合う優勝した瀬戸大也(左)と2位の幌村尚=ジャカルタ(共同)

 ジャカルタ・アジア大会第2日(19日)競泳の女子100メートル平泳ぎで鈴木聡美(ミキハウス)が初優勝し、今大会の日本選手団で最初の金メダルを手にした。

 男子200メートルバタフライの瀬戸大也(ANA)が2連覇で続き、池江璃花子(ルネサンス)が引っ張った女子400メートルリレーの日本も24年ぶりの優勝を果たした。男子100メートル背泳ぎの入江陵介(イトマン東進)は2位で3連覇を逃した。

 レスリング男子フリースタイル65キロ級の高谷大地(自衛隊)が銀メダルを獲得した。日本のメダル第1号はフェンシング女子サーブル個人の田村紀佳(旭興業)の銅だった。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加