金足農―近江 9回裏金足農無死満塁、斎藤の2点スクイズでサヨナラの生還、ガッツポーズの二走菊地彪。捕手有馬=甲子園

 報徳学園―済美 報徳学園に競り勝ち、準決勝進出を決め駆けだす済美ナイン=甲子園

 大阪桐蔭―浦和学院 8回表大阪桐蔭2死、藤原が中越えにこの試合2本目となる本塁打を放つ。捕手畑=甲子園

 第100回全国高校野球選手権大会第14日は18日、甲子園球場で準々決勝4試合が行われ、史上初の2度目の春夏連覇を狙う大阪桐蔭(北大阪)と、金足農(秋田)日大三(西東京)済美(愛媛)が準決勝に進んだ。

 大阪桐蔭は4本塁打を放ち、浦和学院(南埼玉)に11―2で大勝した。全国制覇した2014年以来4年ぶりの4強。4番藤原が2本塁打を含む4安打5打点の活躍。

 19日は休養日で、20日の準決勝は、金足農―日大三、済美―大阪桐蔭の組み合わせで行われる。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加