1878(明治11)年3月25日、夕方6時の東京・虎ノ門。中央電信局開局の祝賀会が開かれていた工部大学校(現東京大学工学部)の講堂で、日本では公で初めての電灯がともった。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加