京都銀行は16日、30代の男性行員が複数の顧客の預金口座から計約5600万円を不正に引き出し着服していたと発表した。顧客には既に謝罪して全額を弁済し、男性行員を13日付で懲戒解雇処分にした。

 同行によると、男性行員は2006年6月から今年5月にかけて、京都府内の4支店で、11人の普通預金口座から43回にわたって出金を繰り返した。投資信託などの金融商品の購入名目で顧客から許可を得ていたが、実際には購入していなかった。

 男性行員は同行の調査に「着服した金は飲食に使った」と話しているという。男性行員側から着服した全額回収できたため、刑事告訴は見送るとしている。

 今年7月に顧客から金融商品の運用状況についての問い合わせがあり発覚した。京都銀行は「内部管理体制の見直しに努める」とコメントした。

このエントリーをはてなブックマークに追加