北朝鮮の朝鮮労働党創建65周年を記念する軍事パレードの観閲に登場した金正恩氏(右)と金永春氏=2010年10月、平壌(共同)

 【北京共同】北朝鮮の朝鮮中央通信は17日、国防相に当たる人民武力部長(現在の人民武力相)などを歴任し、朝鮮人民軍の長老格だった金永春(キム・ヨンチュン)元国防副委員長が16日、急性心筋梗塞で死去したと伝えた。82歳だった。金正恩朝鮮労働党委員長を葬儀委員長として20日に国葬を実施する。

 軍事優先の「先軍政治」を掲げた故金正日総書記に重用され、側近として軍を統制した。2014年に国防副委員長から外れて一線を退いており、軍の体制などに影響はないとみられる。

 朝鮮中央通信は金正日氏の「唯一指導体制を確立する上で傑出した功績を残した」とした。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加