杵藤版・探鳥日記・ウミネコ

 そろそろ、北の国で繁殖が終わった鳥たちが渡ってきて干潟がにぎわう季節なのですが、この猛暑で外に出るのが大変です。

 そんな中、近くの港でウミネコに会いました。「ミャーオー、ミャーオ」と猫のような声で鳴くのでその名がつきました。この時期、有明海で見られる代表的なカモメの仲間です。

 目つきは鋭く、目の周りの赤がセクシーです。日本全国で見られるので普通種と思われがちですが、世界的に見ると日本周辺にしか生息しておらず、分布が限られた種です。

 もう少し涼しくなると、セグロカモメ、ユリカモメ、ズグロカモメが観察できるようになります。(日本野鳥の会佐賀県支部事務局長・中村さやか)

このエントリーをはてなブックマークに追加