お盆の伝統行事「精霊流し」が15日、佐賀市の県護国神社沿いの多布施川であった。遺族らはそれぞれに思いを込めた約70の灯籠を流して故人をしのんだ。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加