活発な前線が東北から南下し、太平洋から前線に湿った空気が流れ込んだ影響で、16日は東北の日本海側や四国を中心に広い範囲で雨が降った。雨が多かった地域では地盤が緩んでおり、少しの雨でも土砂災害への警戒が必要だ。前線の通過後は上空に流れ込む寒気の影響で涼しくなりそうだ。

 北海道付近は津軽海峡付近の低気圧が発達しながら東に進み、大気が不安定な状態が続く。激しい雨が降る地域もありそうだ。

 気象庁によると、16日の24時間雨量は秋田県北秋田市で260・0ミリ、新潟県粟島浦村では186・5ミリに達し、各地点の観測史上最高を更新した。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加