ゴルフの日本ジュニア選手権は15日、埼玉県霞ケ関CCで第1ラウンドが行われ、男子(6775ヤード、パー70)の15~17歳の部は中島啓太(東京・代々木高)が64で首位に立ち、杉浦悠太(福井工大福井高)が1打差の2位で続いた。

 12~14歳の部は吉沢己咲(群馬・藤岡北中)が67でトップ。1打差の2位に森下響(IMGアカデミー)、北川将圭(大阪・松虫中)がつけた。

 女子(6456ヤード、パー71)の15~17歳の部は65で回った幸田彩里(愛知・西陵高)が首位発進し、1打差の2位は政田夢乃(北海道・北海学園札幌高)。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加