シュート練習する岩崎ら。左は神谷、右は旗手=ジャカルタ近郊(共同)

 【ジャカルタ共同】サッカー男子の1次リーグD組で白星発進した日本は、16日午後4時(日本時間同6時)から西ジャワ州チカランでパキスタンとの第2戦に臨む。勝てば16強入りが決まる可能性のある一戦へ、15日は岩崎(京都)や遠藤(横浜M)ら初戦の控え組がジャカルタ近郊でシュート練習に取り組んだ。

 中1日の過密日程で、メンバーの大幅な入れ替えが見込まれる。初戦はネパールを一方的に押し込みながら1得点だった攻撃に課題が残り、アタッカーの岩崎は「どんどんゴールに向かっていきたい」と気合を入れた。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加