13日、トルコ・イスタンブールの通貨取引所を出る女性(AP=共同)

 14日、トルコ・イスタンブールの銀行の前を通る人々(ゲッティ=共同)

 【イスタンブール共同】トルコ政府は15日、米国からの乗用車やアルコール類などの輸入品に対し、追加関税を課す措置を同日から適用したと発表した。地元メディアによると、関税約5億5300万ドル(約615億円)の上乗せになると政府高官は説明した。トランプ米政権が、トルコの鉄鋼やアルミニウムに課す関税を倍に引き上げる輸入制限強化を表明したことなどへの報復措置。

 一方ロイター通信によると、米ホワイトハウス当局者は14日、トルコに追加経済制裁を科す用意があると警告。数日から1週間以内にトルコに何らかの行動を取るよう求めた。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加