佐賀地方気象台によると、台風15号は15日朝ごろにかけて佐賀県内に最接近する見込み。15日未明から県内は強風域に入る見通しで、最大風速は18メートル。雨量は午前3~9時に1時間当たり40ミリの激しい雨になると予想している。昼前には雨風が次第に弱まる見込みで、気象台では「急に強くなる雨風に注意が必要。午前の出発時間を遅らせるなどの対策を取ってもらえれば」と話している。

 交通機関への影響については、佐賀空港の発着便は羽田便と成田便が通常通りの運航を予定し、JR九州も14日午後4時時点で「運休はまだ検討していない」としている。

このエントリーをはてなブックマークに追加