準決勝・高木瀬小ク-鍋島少年 6回表無死一塁、相手犠打を処理する高木瀬小クの投手末次竜汰=みどりの森県営球場

高木瀬小ク(佐賀市)1000040 5

鍋島少年(佐賀市) 0000000 0

 

 終盤に突き放した高木瀬小クが鍋島少年を5-0で零封した。

 高木瀬小クは初回、2番稲富の右前打と盗塁で1死二塁とし、相手失策に乗じて先制。六回には4四死球で得た好機を確実に生かし、4点を加えた。

 鍋島少年は4度の得点機をものにできなかった。

 

継投実らず崩れる

 終盤に崩れ、一気に突き放された。鍋島少年は、先発森謙心と中継ぎ末次竜汰の継投が実らず、高木瀬小クに0-5と力負けを喫した。

 先制は許したものの三回まで森が力投した。四回からマウンドを任されたのは末次。前日の準々決勝も森と継投し、延長九回までもつれた接戦をものにしていた。ただ、この日は後半に制球に苦しみ、4点を献上した。「みんな諦めずに戦ってくれていたのに」と、末次は悔しさをにじませた。

 試合後、森欽公監督は「負けたのは悔しいが、3位は素晴らしい。これからも諦めない気持ちを持ち続けて」と選手たちに言葉を掛けた。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加