【ニューヨーク共同】国連分担金委員会は14日、2019~21年の国連通常予算の国別分担率の試算結果を公表した。中国の分担率が2位に上がり、日本が3位に転落するのが確実となった。

このエントリーをはてなブックマークに追加