昭和60(1985)年初場所での板井関=両国国技館

 大相撲の元小結板井で、引退後に自らの関与を含め八百長を告発した板井圭介(いたい・けいすけ)さんが死去したことが14日、分かった。関係者が明かした。62歳。大分県出身。14日に東京都内の自宅で倒れているのを関係者が発見し、その後、死亡が確認された。

 実業団から1978年秋場所初土俵。突き、押しを武器に序ノ口デビューから26連勝。79年秋場所で新十両、80年秋場所で新入幕。殊勲賞、技能賞を1度ずつ獲得。91年秋場所で引退した。

 2000年に週刊誌などで大相撲の八百長の存在を告発した。08年には記事を巡る裁判に証人として出廷し、自らの八百長への関与を認めた。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加