日本文学研究者のロバート・キャンベル東京大名誉教授は14日、自民党の衆院議員による「(同性愛は)趣味みたいなもの」などの発言を巡り、共同通信の取材に、自身が同性愛者だと公表した上で「幻滅し、危惧も感じる」と批判した。

このエントリーをはてなブックマークに追加