全国高校総合体育大会「2018東海総体」は12、13の両日、三重県などで6競技があった。佐賀県勢は4競技に出場し、新体操男子団体の神埼清明が18・050点で大会2連覇を達成した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加