Q テレビなどで「終活」とか「尊厳死」とか聞きますが、法律的にはどうなんでしょうか?

  まず「終活」の意味ですが、人生の終末期にかけての活動のことですね。一般的には、死去する前のこと、死去したときのこと、死去した後のことについて、「どのように最期を迎えたいか」「どのような葬式などをしたいか」「相続などをどうするか」を考え、文書にすることが多いです。『終活ノート』などが販売されているので、参考にされても良いと思います。また、相続については、弁護士など専門家への相談をおすすめします。

 「尊厳死(リビング・ウィル)」は、一般に「延命措置などをしないで最期を迎える」こととされ、「尊厳死宣言」はその意思表示を意味します。人生の最終段階における医療や介護などについて、自分の意思を周囲に伝えるのですが、文書にして信頼の置ける人に託すことが重要になります。また、医療についてあらかじめ治療方針を示して文書にした「事前指示書」や、時に応じて家族・医療関係者と話し合い治療方針について意志確認をする「アドバンス・ケア・プランニング」なども大切です。

 終活については、相続や遺言など、法律できちんと整備されていますので、ほとんどの場合に自分の意思のとおりになるでしょう。ただし、遺言書などは、専門家に確認することが大切です。

 尊厳死や事前指示書については、法的には整備されていません。そのため、尊厳死宣言をしていても、必ずしもその通りにはならないこともあります。ですが、家族や医療機関ときちんと話し合い、十分な準備をすることで、自分の考えた人生の最期を迎えることができるでしょう。詳しいことは、医療機関や専門家にご相談ください。(弁護士 江越正嘉・佐賀市)

佐賀県弁護士会・電話無料法律相談 電話0952(24)3411

毎週火曜17時半~19時半、土曜13~15時半

このエントリーをはてなブックマークに追加