準々決勝・基山ファイターズ-神野少年 3回表基山ファイターズ、3番今村稀翠の右本塁打で4-0とリードを広げる=みどりの森県営球場

基山ファイターズ(基山町)

 3011000-5

 0010000-1

神野少年(佐賀市)

(基)内山-舟木

(神)山田-古川

▽本塁打 今村(基)

▽二塁打 内山、今村、高島、稲岡、古賀亘(基)陣内(神)

 

 初回に3点を先制し、波に乗った基山ファイターズが神野少年に5-1で快勝した。

 基山ファイターズは一回、1死二塁で3番今村の右越え二塁打で先制。続く4番高島の右中間二塁打で追加点を挙げ、この回一挙3点を奪った。その後も今村の右本塁打などで突き放した。

 神野少年は三回、2番陣内の右越え二塁打で1点を返すも、四回以降は好機を生かせなかった。

強豪・神野を打力で圧倒

 先制攻撃を仕掛け、終始主導権を握った。基山ファイターズは、7月の全日本学童軟式野球県大会で準優勝の神野少年を5-1で撃破。高い打力で堂々の4強入りを果たした。

 好機はいきなり訪れた。初回1死二塁、3番今村稀翠が鋭いスイングで右越え二塁打を放って先制。この回一挙3点を挙げた。今村は三回も強い当たりで右本塁打を放ち、存在感を示した。

 おととしは3、4年生中心のチームで臨み、準々決勝で敗れた。5年生の今村や先発した6年生内山瑠唯が当時も出場しており、鶴岡慎太郎監督が「きょうこそベスト4に入ろう」とハッパをかけていた。今村は「次も強いスイングで先に点を奪う」と言葉に力を込めた。

このエントリーをはてなブックマークに追加